本文へ移動

不動産鑑定士紹介

当社の不動産鑑定士は、件数及び内容ともに豊富な評価実績を持っています。
一般的な案件はもとより、空港用地、大工場地、太陽光発電施設用地など特殊な土地の評価や民事再生法手続きの対象となった旅館、ホテルなどの評価も得意としています。
また、愛知県内において10年以上の自治体固定資産評価のサポート実績があり、訴訟案件のコンサルティングも行っております。
研修会などの講師も積極的に行っており、コンサルティング能力の向上に努めています。
 

 

大 羽 昌 広
生 年 昭和45年
出身地 愛知県豊川市
略 歴
平成6年3月   南山大学法学部法律学科卒業
平成6年4月   株式会社愛知銀行入行
平成9年8月   株式会社総合鑑定調査入社
平成17年3月 不動産鑑定士登録
平成27年4月 株式会社寿資産評価設立
         代表取締役社長就任
公 職
国土交通省地価公示鑑定評価員
(尾張東地区担当)
愛知県地価調査鑑定評価員
(尾張東地区担当)
名古屋国税局鑑定評価員(尾張東地区担当)

 

 

大 竹 大 輔
生 年 昭和50年
出身地 愛知県西尾市
略 歴
平成10年3月 中央大学文学部史学科卒業
平成10年4月 小林記録紙株式会社
      (現小林クリエイト株式会社)
                  入社
平成18年3月 株式会社総合鑑定調査入社
平成20年4月 不動産鑑定士登録
平成27年4月 株式会社寿資産評価設立
                   代表取締役副社長就任
公 職
国土交通省地価公示鑑定評価員
(知多地区担当)
愛知県地価調査鑑定評価員(知多地区担当)
名古屋国税局鑑定評価員(知多地区担当)

 

主な執筆・講演

所属不動産鑑定士の主な執筆及び講演の内容をPDFファイルでお読み頂けます。

執筆

平成25年 5月
「市町村長所要の補正の必要性と補正率の求め方の例示」
『資産評価情報』
(一財)資産評価システム研究センター発行, 2013年5月号
平成28年 1月
「土地評価替え初年度作業における訴訟対策について」
『資産評価情報』
(一財)資産評価システム研究センター発行, 2016年1月号(210号別冊)

講演

平成24年 6月
「不動産鑑定評価理論」
中部地区用地対策連絡協議会 平成24年度用地職員研修 講師
平成24年10月
「市町村長所要の補正の必要性と補正率の求め方の例示」
(一財)資産評価システム研究センター
第16回固定資産評価研究大会 分科会研究発表
平成25年 7月
「太陽光発電施設用地の評価について」
静岡県西部十市税務協議会(固定資産税部会) 講演
平成26年 6月
「不動産鑑定評価理論」
中部地区用地対策連絡協議会 平成26年度用地職員研修 講師
平成26年 6月
「固定資産評価に関する最新重要判決の考察と評価実務に与える影響」
第31回MIA全国研修会(名古屋会場) 講師
平成26年 8月
「審査申出にかかる法改正及び傾向と対策」
南知多町固定資産審査委員会 講師
平成26年10月
「固定資産評価に関する最新重要判決の考察と評価実務に与える影響」
大治町固定資産審査委員会 講師
平成26年10月
「固定資産評価における太陽光発電施設用地の評価について」
兵庫県不動産鑑定士協会土地月間記念講演会 講演
平成27年10月
「土地評価替え初年度作業における訴訟対策について」
(一財)資産評価システム研究センター
第19回固定資産評価研究大会 分科会研究発表
2018年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2019年1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
赤は休業日です。
  • H30年度第5回固定資産評価実務者勉強会
  • 年末年始休業日
TOPへ戻る