本文へ移動

360度カメラによる撮影

不動産の評価にあたり、次のような場面で360度カメラによる撮影を活用することが可能です。
撮影したデータは、
①DVD等の記録媒体に保存しPC等で閲覧する。
②Webによる閲覧。
が可能です。

自治体固定資産課税評価での活用方法

所要の補正の判断材料

自治体が固定資産課税評価を行う際に、道路高低差補正などの所要の補正を行うべきか判断する際の参考資料となります。

標準宅地周辺の状況把握

標準宅地の周辺を撮影することにより、状況類似地域の状況を的確に把握することが可能となります。

不動産鑑定評価での活用方法

周囲の状況把握

対象不動産の周囲の状況を把握する際に有効です。

室内の状況把握

評価対象建物の内部の状況を確認する際に有効です。
2018年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2019年1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
赤は休業日です。
  • H30年度第5回固定資産評価実務者勉強会
  • 年末年始休業日
TOPへ戻る