本文へ移動

ブログ ことぶき歴史鑑定

ブログことぶき歴史鑑定は、(株)寿資産評価が運営しています。
鑑定評価の現場調査などの際に訪れた地元の史跡などを紹介します。また、スタッフの日常の出来事なども綴ります。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

刈谷市歴史博物館

2019-04-07
カテゴリ:歴史鑑定
オススメ
エントランス
3月24日にオープンしたばかりの刈谷市歴史博物館を訪ねました。刈谷城跡地の亀城公園に隣接する場所にあります。
エントランスは広々とした和風の空間が広がっていました。歴史関連の本などが展示されており、閲覧が可能です。
新町の山車
1階にはお祭りひろばという展示スペースがあります。
大名行列・山車祭、万燈祭、野田雨乞笠おどりの祭り道具が展示されています。
万燈
万燈です。
万燈を担ぐ体験もできますが、高さ5m、重さ60㎏もあり、バランスを崩すとまずいことになりそうでしたので、見るだけにしました。
刈谷藩城下町のジオラマ
2階には歴史ひろばという展示スペースがあります。
これは刈谷藩の城下町のジオラマです。当社の本社は刈谷市寿町に所在しますが、残念なことに寿町まで広範囲には造られていませんでした。
豊田自動織機G型
これは豊田佐吉が造った豊田自動織機G型の実物です。
豊田佐吉が刈谷市に創業した豊田自動織機製作所(現豊田自動織機)の自動車部がトヨタ自動車の起源のようですが、この機械が現在の自動車産業につながっていると思うと歴史の流れを感じますね。
水野勝成展
今の時期は、企画展として初代刈谷藩主の水野勝成展を開催していました。企画展は写真撮影NGなので内部の写真は有りません。
お祭りひろば
刈谷市歴史博物館が開館しましたが、今後たびたび訪れることになりそうです。不動産の鑑定評価を行う際には、埋蔵文化財包蔵地の指定の有無を調査する必要があります。今までは刈谷市役所内に部署がありましたが、その部署が歴史博物館に変更になったからです。
これからは埋蔵文化財包蔵地の調査が楽しみになりそうです・・・

郡上八幡城

2019-03-31
カテゴリ:歴史鑑定,城
オススメ
郡上八幡城
郡上八幡城
城下町プラザ
城下町プラザ
宗祇水
宗祇水
山之内一豊と妻の像
山之内一豊と妻の像
城内
城内
天守閣から望む
天守閣から望む
食品サンプル
食品サンプル
旧名鉄美濃駅
旧名鉄美濃駅
うだつの上がる街並み
うだつの上がる街並み
うだつ
うだつ
3月の終わりに電車で郡上八幡城を訪れました。
現在の天守閣は、昭和8年に再建された日本最古の木造再建城です。戦国時代末期、遠藤盛数によって戦のための陣が置かれたのが城の創始です。
郡上八幡の観光は城下町プラザを拠点に散策しました。
郡上市の旧八幡町は水の街百選に選定されており、湧き水の宗祇水は名水百選の第一号に指定されています。
郡上八幡城へ続く散策道の途中には、この地に所縁のある山之内一豊と妻の像がありました。
城内は木造で階段が急な造りで趣きがあります。天守閣からの眺めは標高が350mあるためなかなかのものです。
また、郡上八幡は食品サンプルの製作所が多く、お土産として販売していましたので買ってみましたが、多分おかずの一品として食卓に並んでいたら食べてしまうでしょうね。
帰り道に美濃市に立ち寄りました。美濃市では、旧名鉄美濃駅と、うだつの上がる街並みを散策しました。うだつは屋根よりも一段と高くこしらえた壁のような装飾ですが、これを造るには相当の費用がかかることから、裕福な家しか設けることが出来ませんでした。うだつは家によって様々で、かなり凝った造りをしており、「うだつを上げる」ことを競い合っていたことが分かります。
春を満喫出来た一日でした。
 

桜咲く

2019-03-02
カテゴリ:日常の出来事
チェック
ここ2、3日で庭の桜が咲きました。一般的な桜より早く、毎年この時期に咲きます。花の色は白に限りなく近い薄い桃色です。どんな種類の桜なんだろうと思っていましたので、今年は調べてみました。 開花時期、花の色などから、最初は「寒桜」ではないかと思いましたが、よくよく調べてみましたら、観賞用の桜ではありませんでした。なんと、ミザクラ(実桜)といって、さくらんぼとして食用とするための桜でした。 そういえば毎年5月くらいに甘い実が出来るので、つまみ食いしていました。まさかそれがサクランボだったとは知りませんでした。
今年も甘いサクランボが楽しみです!

豊川稲荷

2019-01-05
オススメ
明けましておめでとうございます。 豊川稲荷に初詣に行きました。 豊川稲荷は正式名を「妙嚴寺」と言いますが、商売繁盛を願う参拝客が多く、年間約500万人が訪れます。 この日は1月4日でしたが、門前には多くの人で賑わっていました。 新年は気持ちが引き締まって、清々しいですね。
豊川稲荷はお寺ですが、境内の参道には鳥居があります。
1871年(明治4年)、神仏分離令に基づき、それまで境内にあった鳥居は撤去されましたが、戦後にこの鳥居が建てられたそうです。
 
本殿です。
正月4日ということもあり、参拝はスムースに行うことができました。昔、元旦に参拝に来た時にはものすごく人が多くて、なかなか前に進まなかった記憶があります。スリも多かったようです。ちなみに駐車場までの帰り道に財布が落ちていましたので、多分すられた財布だと思います。
本殿の脇に居る狐です。
豊川稲荷というと狐を祀っていると思っていましたが、祀っているのは、「豐川吒枳尼眞天(とよかわだきにしんてん)」です。豐川吒枳尼眞天が稲穂を荷い、白い狐に跨っていることから、いつしか「豊川稲荷」が通称として広まったとのことです。
参道には屋台が沢山出ていました。
最近の屋台はいろいろなものが売っていて、見ているだけでも楽しめました。チョコバナナと五平餅を食べました。
そうでした、熊手も買いました。
今年も沢山仕事が舞い込んできますように!!

鑑定評価に馴染まない評価

2018-12-17
オススメ
高圧線
最近高圧線下地の案件が多く、なぜか現在3件も抱えています。
今日も現場に行ったのですが、自分が住むならやはりちょっと避けたいものです。電波障害や風切り音、建築規制などを根拠として、鑑定評価や固定資産評価では減価を行いますが、この様な物理的な要因だけでなく、何となく気が乗らないような心理的に嫌だなと感じるものがないでしょうか。
このような土地は他にも色々有ります。
たまに通る道沿いに、廃線となった鉄道の線路跡地だった場所に住宅が建っています。昔、電車が走っていた場所だと思うとちょっと気が引けます。
風水では、T字交差点の突き当たり部分や、カーブの外側の膨らんでいる部分は、路殺といって避けた方が良いと言われています。多分、気の力が集まってしまうからだと思います。
このようなちょっと住むのを避けたい土地は、人によって感じ方が違うので、減価をすべきか、するなら何パーセント下げるのか判断が難しいところです。あまりにも評価人の主観が入り込むのは避けた方が良いと思いますが、その評価書を見る人も、そういう考え方があるんだと気付かされる部分もあるのではないでしょうか。
しかし、このような評価は不動産鑑定評価には馴染まず、風水鑑定として行うべきなんでしょうね。
 
 
 
2019年5月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2019年6月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
赤は休業日です。
  • ゴールデンウイーク休業
TOPへ戻る