本文へ移動

固定資産評価訴訟サポート業務

固定資産評価訴訟では、自治体様の代理人である顧問弁護士は固定資産評価に関する訴訟経験が少ない場合も珍しくありません。また裁判官も同様です。対して納税者は勉強されているケースが多く、最近では減税コンサルタントと契約していることもあります。従って、評価の内容を的確に分かりやすく弁護士及び裁判官に説明しなければなりません。
また、訴訟では裁判官の心証形成過程が判決に大きく影響します。裁判所に提出する反論書、準備書面の記載内容が、裁判の早い段階で裁判官の心証形成に効果的に働くことが重要となります。

当社では、固定資産評価訴訟のサポート実績がある不動産鑑定士による、
①弁護士に対する評価内容の説明資料作成
②裁判所に提出する反論書、準備書面案の作成
③必要であれば固定資産評価訴訟に精通した弁護士の紹介
により自治体様を万全にサポート致します。
2018年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2019年1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
赤は休業日です。
  • H30年度第5回固定資産評価実務者勉強会
  • 年末年始休業日
TOPへ戻る