本文へ移動

ブログ ことぶき歴史鑑定

ブログことぶき歴史鑑定は、(株)寿資産評価が運営しています。
鑑定評価の現場調査などの際に訪れた地元の史跡などを紹介します。また、スタッフの日常の出来事なども綴ります。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

ディープラーニング

2018-12-01
カテゴリ:固定資産評価
オススメ
AIをビジネスに実装する方法 岡田陽介著 日本実業出版社2018.10.10
今回のブログは歴史ものではなくて、業務に関する内容で書きます。
ここ2、3年でAI機械学習に関する分野はSVM(サポートベクターマシン)と呼ばれる手法から、ニューラルネットワーク(とくにディープラーニング)と呼ばれる手法に潮流が変化したようです。そのあたりの事がこの本に解りやすく書いてあります。
ある判断をAIを使って行う場合、旧来の機械学習の手法であるSVMでは判断の材料となる特徴の抽出方法を人間が設計して入力しなければならなかったのに対して、ディープラーニングではこの特徴の抽出方法をコンピューターに自動でやらせるという違いがあります。当社の業務は不動産の評価を主体としますが、とくに大量システム評価である固定資産課税評価の分野でディープラーニングの手法が応用出来そうな気がします。実際、航空写真を使用した土地の課税地目の認定や償却資産における太陽光発電施設の拾い出しに、この手法を使った研究がいくつかの企業でなされています。
しかし、課税地目の認定や太陽光発電施設の拾い出しは評価の条件や課税客体を特定するものであり、評価額そのものを算出するものではありません。評価額(路線価ではなく、画地計算や市町村長所要の補正まで含んだ評価額)は、様々な評価条件を勘案して評価方法を組み立てることにより、算出されるものと考えます。よって、評価条件を確定することも確かに重要ですが、評価方法の組み立て方が間違っていれば適正な評価額が求められないことになります。評価条件の確定と評価方法の組み立ての双方がしっかりしてこそ適正な評価額が導き出されるものと思います。
航空写真を利用した課税地目の認定や太陽光発電施設の拾い出しは航空測量会社さんが得意分野ですのでお任せするものとし、当社のような鑑定会社は評価方法の組み立てに関する分野でAIを活用した貢献ができないものかと模索しています。

国宝 金蓮寺弥陀堂&西尾城

2018-11-23
カテゴリ:歴史鑑定,城
オススメ
西尾市吉良町にある金蓮寺に行ってきました。
金蓮寺弥陀堂は国宝に指定されています。
浄土信仰の流行にともなって、全国に無数に建てられた阿弥陀堂建築の流れをくむ建物です。鎌倉時代に建築されましたが、平安時代の建築様式が残されているそうです。
源頼朝の命によって建立された「三河七御堂」のうちの一つです。「三河七御堂」は東三河に6つ、西三河に1つあったそうですが、東三河の6つは壊されてしまい、ここ西三河にある吉良町の1つのみが残存します。
阿弥陀三尊像です。中央に阿弥陀如来坐像、向かって右に観音菩薩立像、左に勢至菩薩立像を配しています。
こちらは御堂のように国宝ではなく、愛知県指定の文化財です。
今回は地元のガイドさんに説明をお願いしましたが、とても分かりやすく、また、親切に教えて頂きました
帰りに西尾城に寄り道しました。こちらは、本丸丑寅櫓です。平成8年に復元され、周辺が西尾市歴史公園として整備されています。
ここには数回訪れたことがありますが、公園内にある西尾市資料館に立ち寄りました。
歴史公園内にある尚古荘の庭園です。
木々が紅葉してたいへん趣がありました。
隣にある抹茶ラボで抹茶パフェを楽しみました。ここは、デンソーの創立50周年事業の寄付金で建設されたそうです。

依佐美送電所鉄塔

2018-11-18
刈谷市にある依佐美送電所鉄塔です。実際は高さ250mもあったそうですが、10分の1の25mに短縮して保存されています。
依佐美送電所は、対欧送信所として昭和4年に完成しました。これにより日本とヨーロッパ間の直通通信が開始されたそうです。
隣には記念館が建設されています。
戦後になって管理を行っていた電気興業の社宅跡は「フローラルガーデンよさみ」として公園整備がなされました。
こちらは公園事務所やカフェなどが入るフローラルプラザです。
こちらはイングリッシュガーデンの入り口です。
バラのシーズンではないらしく、やや寂しい感じでした。
今日は日曜日だったこともあり、親子連れでにぎわっていました。

国宝松本城

2018-10-08
カテゴリ:歴史鑑定
兼ねてから念願の国宝松本城を訪れました。 本などの写真を見ると、お堀の向こうにお城がすっきりと佇み、周りには何も無く、空と黒壁のコンストラストが鮮やかに写されているものが多く、とても気に入っていました。この日は暑かったですがとても天気が良く、思い描いていた風景を見ることができました。

松本城は戦国時代の永正年代初めに造られた深志城が始まりで、小笠原氏、石川氏、戸田氏、松平氏、堀田氏、水野氏が松本藩の歴代藩主を務めました。特に石川数正・康長父子は、天守三棟はじめ御殿、太鼓門、黒門、櫓などを造り、松本城の基礎を固めました。 お城は五層六階になっており、階段は非常に急斜がついています。

松本城は現存12天守の中では唯一の平城であり、周囲をさえぎるものがないためお城が際立って見えます。 こちらの眺めも雄大な印象です。
地価公示松本5-2のある通りです。松本5-2は中高層店舗事務所ビルが建ち並ぶ駅前の商業地域に位置しています。平成30年1月1日時点で、240,000円/㎡・前年比-1.6%の下落となっています。駅東口整備事業が完了し人と自動車交通の導線が変化したものの、地域全体として不動産市況の活性化には至らず、景気動向を反映して地価下落が継続しています。 松本市では外国人観光客の増加がみられるものの、消費者の低価格指向は続いているそうです。また、駅前商業地は郊外への郊外型の商業地との競争が激しいものの、事務所用地としては他の商業地と比較し希少性が認められるようです。

熱田神宮(お礼参り)

2018-06-24
カテゴリ:歴史鑑定
熱田神宮です。ことぶき歴史鑑定では2回目の登場です。
熱田神宮は今年の初詣でに来たのですが、その時の願い事が見事に成就しましたので、今回は御礼参りに訪れたのです。
長塀です。1560年(元禄3年)信長は桶狭間の戦いに臨み、まず熱田神宮に参拝し戦勝を祈願し、見事今川義元倒し勝利しました。信長塀はそのお礼に寄進したものです。私にとってはまさにご利益を頂いた代物です。写真を見てもそうですが、初詣での時よりも何だか眩しく輝いて見えました。今後、勝負事の前には必ずお願いに訪れるでしょう。
楽殿です。参拝客が少なく、綺麗に撮れました。

地価公示熱田5-4のある通りです。熱田5-4は平成30年1月1日時点で、217,000円/㎡です。

5年ほど前から地価は年間1~2%程度の上昇を示していました。この1年間は、名鉄神宮前駅東再開発で商業施設や高層マンション等が構想されており、周辺地域の活性化が期待されつつあることから、前年比+6.4%と上昇率が増大しています。

 ちなみに当ブログの運営会社である株式会社寿資産評価は愛知県刈谷市に所在しますが、JR刈谷駅北口の地価公示刈谷5-4は平成30年1月1日時点で、234,000円/㎡なので、既に名鉄神宮前駅よりも地価水準が高かったのは少し驚きました。

改めて刈谷を見直しました。

2018年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2019年1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
赤は休業日です。
  • H30年度第5回固定資産評価実務者勉強会
  • 年末年始休業日
TOPへ戻る