本文へ移動

コトブキ判例eye

自治体様が固定資産評価を行うにあたり留意すべき判例が多くあります。株式会社寿資産評価では、不動産鑑定士の視点で評価の観点から分かりやすく解説し、「コトブキ判例eye」というかたちで随時提供させていただきます。
PDFファイルでお読み頂けます。

Vol.1

平成22年(行コ)第32号(523KB)

裁判所:高松高等裁判所(控訴審)
争点:画地認定の際に所有者を要件とする?
事件番号:平成22年(行コ)第32号

Vol.2

平成25年(行コ)第9号(517KB)

裁判所:広島高等裁判所 松江支部
争点:台帳課税主義の要件とは?
事件番号:平成25年(行コ)第9号

Vol.3

平成25年(行ウ)第239号(481KB)

裁判所:大阪地方裁判所
争点:不整形地に不整形地補正をしないことが許される場合とは?
事件番号:平成25年(行ウ)第239号

Vol.4

平成24年(行ヒ)第79号(539KB)

裁判所:最高裁判所 第二小法廷(上告審)
争点:「特別の事情」が存する場合とは?
事件番号:平成24年(行ヒ)第79号

Vol.5

平成26年(行ウ)第373号(463KB)

裁判所:東京地方裁判所
争点:低額な取引事例と「適正な時価」との関係は?
事件番号:平成26年(行ウ)第373号

2018年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2019年1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
赤は休業日です。
  • H30年度第5回固定資産評価実務者勉強会
  • 年末年始休業日
TOPへ戻る