本文へ移動

土地現況調査同行業務

地方税法第408 条の土地実地調査時における現況調査にあたり、このようなことはありませんか?
・事務取扱要領に例示のない特殊な土地で、地目認定や画地認定に関して、判断に窮することがある。
・実地調査を行う担当者によって、判断基準に差異がある。
・市町村長「所要の補正」を行うべきか悩む。
・無道路地の判断が難しい。
・過去の記録が無く、当時の判断理由が分からない。
・土地評価の専門家である不動産鑑定士の意見を聞いてみたい。
 
土地実地調査時における現況調査は、個別の土地の評価にあたって非常に重要な作業となります。地目認定・画地認定などの様々な判断が伴い、その判断によって、評価額や税額に大きな影響を与えます。本業務は、地域の地価事情に精通した不動産鑑定士が、現況調査に同行し、市町村が適正かつ統一的な判断 を行うためのサポートをいたします。

デジタルカタログ

土地現況調査同行業務
2020年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2020年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
赤は休業日です。
TOPへ戻る